日本の今通信

日本世界をトランスフォームする情報ブログです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊急情報8/高濃度放射能汚染と内部被爆の脅威(日本の今通信49)

関係各位
東日本大震災(2011/03/11)による福島原発の大事故以来、当ブログ[日本の今通信] http://shingoaikami.blog9.fc2.com/では"放射能汚染から身を守る術"を様々な視点からお伝えしてきました。

その後ネット情報等を注視されている方は既にご存知かと思いますが、SPEEDI(文部科学省緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)やW-SPEEDI(第二世代SPEEDI)による広域汚染状況マップ、更には文科省とDOE(米国エネルギー省)共同による航空機モニタリング調査報告(2011/04/29時点)が事故後2ヶ月目(2011/05/10)にしてやっと一部公表されました。

此によると千葉県が既にチェルノブイリの第3汚染区分(1-5Ci/Km2)に為っているばかりでなく、東京の大部分も第3区分に為っている可能性が濃厚です。

そしてチェルノブイリ第3区分とはチェルノブイリの原発災害から10-20年の間に此の地域で呼吸し地域の水や食物を摂取した人々(特に婦女子)に乳ガン,甲状腺ガン,肺ガン,白血病等が大幅に増加してしまったエリアのことです。

その最大の原因は[内部被爆]と考えられます。此については詳細な事例がネット情報で紹介され出しましたので、重要,且つ一般の方でも理解可能なものを選んで下記報告致します。

1)衆議院予算委員会(2011/05/16付)みんなの党 柿澤議員の質疑
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40987&media_type=wb&lang=j&spkid=20027

その他議員の質疑
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=40987&media_type=wb

詳細については、
ブログ[瓢(つむじ)風]のカテゴリー[平野貞夫]にある記事"管首相に脱原発の思想はない!!"(2011/05/21付)を参照下さい。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/10/post_6125.html

2)NHKニュースより死の灰の内部被爆確認
http://www.youtube.com/watch?v=ACHWd1MD5EI&sns=em

3)チェルノブイリ原発事故被災地で5年半の小児甲状腺ガン治療に携わった医師で現長野県松本市長 管谷昭氏の定例記者会見での[内部被爆]に関するコメント
a. http://www.youtube.com/watch?v=c3zdDKzEGJM&sns=em

b. http://www.youtube.com/watch?v=rmtagrqu13o&sns=em

c. http://www.youtube.com/watch?v=GDorB4NBnNg&sns=em
4)陸軍軍医として広島で被爆し同時に被爆者の治療に半世紀以上の間、携わり内部被爆の視点から放射能の恐ろしさを世界に訴え続ける医師 肥田舜太郎氏そして、地球環境映画祭でドキュメンタリー映画[ヒバクシャ - 世界の終わりに]がアースビジョン大賞を受賞した女性映画監督 鎌仲ひとみ女史のリポート
http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/note/naibuhibaku/naibuhibaku1.htm

5)ブログ[中鬼と大鬼のふたりごと]の各種記事
http://onihutari.blog60.fc2.com/

6)ブログ[きっこの日記]の各種記事
http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

7)ブログ[阿修羅掲示板]のカテゴリー[原発11]の各種記事
http://www.asyura2.com/11/genpatu10

8)ブログ[瓢(つむじ)風]のカテゴリー[原発シンドローム]にある記事"ネットワークで作る放射能汚染地図"(2011/05/19付)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/10/post_6125.html

9)ブログ[黄金の金玉を知らないか?]の各種"原発情報"記事
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

上記報告の通り、高濃度放射能汚染が東北だけでなく関東一円そして中部地方にまで広がっているのは明白です。にも拘わらず政府,マスゴミも地方自治体も正確な情報を隠蔽小出しするばかりで何ら抜本的方策を打ち出して来ておりません。

此のためチェルノブイリ第1区分に当たる被災地区近郊のみならず第2,第3区分に入る地区では何も知らされない人々,子ども達が今も生活し、更には地元生産業者は復興を合い言葉に事の真相を知らないまま高濃度汚染された野菜,穀物,牛乳,魚介類,加工食品を製造流通販売しています。

聴くところ、埼玉,千葉,静岡等の一部農業団体や国の出先機関に於いては放射能汚染食品の測定拒否までして販売を優先する当に人命無視もはなはだしい状況にまで陥っているそうです。

今、政府,マスゴミのみならず関東一円,東北地方で食品事業に携わる方々の存在意義とそのモラル如何によって今後、日本人が存続して行けるか否かの分岐点になることは間違いありません。

本件、皆様一人一人の真摯な判断そして行動力に当に"私たちの命"が掛かっている今日明日だと思います。そして可能であれば皆様のご判断でこの情報を他の方々にも伝えて頂ければ幸いであります。
宜しくお願い致します!!

(日本の今を考える会)
スポンサーサイト
  1. 2011/05/21(土) 19:05:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。