日本の今通信

日本世界をトランスフォームする情報ブログです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日航ジャンボ機墜落事故と福島原発事故の深刻な関連性(日本の今通信74)

関係各位
1985年8月12日に発生した[日航ジャンボ機123便墜落事故]について、とても興味深いコメントがブログ[飄つむじ風] http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/45652/50682/category/10524554 に掲載されていましたので(下記に)ご紹介致します。

この事故は、昨年の福島原発事故(=>秘密原爆製造基地の報復破壊)、その後の国民の反対を押し切っての原発再稼働(=>原爆用プルトニウムの生産)、そして被災者,避難住民に対し,その補償&仕事斡旋と引き換えにした"原発について話しません,反対しません!!"と(暗黙に強制的に)約束させている現政府,電力会社の基で(実際に)行なわれている施策、更には何と[中近東諸国への原爆用プルトニウムの海外違法輸出]等の現政権が(当に)簡単に引っくり返ってしまう程の(超)大問題を含んだ、当に戦後日本の米国統治下で(国民にほぼ完全に隠蔽され)推し進められてきた[日本政権の暗闘]が当に垣間見えるものです。

此らについて、泉パウロ神父の最新書籍[政府は 東京直下型人工地震で 恐喝されていた 3.11 人工地震でなぜ日本は狙われたか(III) 福島原発の地下施設で核兵器が製造されていた]1) http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/486471035X/ref=mem_taf_books_a?qid=1345562890&sr=8-1 2) http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51818860.html でも、その詳細が口述レポートされています。

本件、皆様一人一人の真摯な判断そして行動力に当に掛かっている今日明日だと思います。そして可能であれば皆様のご判断でこの情報を他の方々にも伝えて頂ければ幸いであります。
宜しくお願い致します!!

(日本の今を考える会)
-----------------------
佐宗氏が殺害される1ヶ月程前に、当時の大宮の化学防護隊学校の校長先生をお招きして、7人程で、酒席を設け、JAL123便のお話を伺いました。

当方は、佐宗氏からお招きいただき同席していた者の一人です。

内容は以下です。

(故)佐宗氏が、

"プラザ合意に導くため米軍が攻撃したんでしょ?!"

と切り出すと、当時の化学防護隊学校の校長先生は、
"いや、それが違うんだ!!"

ということになり、貴重なお話を伺うことができました。

要は、(何故に)生存者の川上慶子さん(当時12歳)が米国人と結婚したかということです。

* ソ連軍機ベア
* 自衛隊軍機及び核ミサイル
* 御巣鷹では日中自衛隊の殺害部隊が生存者を惨殺
* 米軍は及び国際部隊は最大限の救助を出すが全て自衛隊に撃沈されSR-71撃墜をはじめとする大打撃を受ける。

という事態を見ているのです。

それで、米国以外は信用ならん、ということで、米国人と結婚することになったわけです。

日本人の生存にとって、米国及び米軍が如何に重要であるかということが如実に示されたのがJAL123便の案件です。

(2012/08/17 06:19)

ソ連と自衛隊(中国台湾)がJAL123便を撃墜 補足です。

日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では中国共産党ソ連自衛隊界隈が積極的に米国勢力を攻撃しました。

御座山南側斜面には、日本軍の玉砕攻撃で米国が被害を受けたアッツ島をイメージしたモニュメントや、大規模な西洋墓地風の造成地がございます。

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1024.html
Posted by 中国はマルキストイスラム勢力 at 2012年08月16日 17:341985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中国共産党中国軍中国公安部)では、米軍が誇るSR71までをもが自衛隊に撃墜される惨事となりました。

現場の長野県南相木村には、SR-71の頭部を象徴するモニュメントが建立されています。

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1025.html

Posted by 自衛隊が米軍SR-71を撃墜 at 2012年08月16日 17:43なぜ、米軍SR-71までをもが自衛隊に落とされたのでしょうか。

当時、中曽根総理の背後で自衛隊官僚だった千葉俊一氏をはじめとする自衛隊連中が中国ソ連界隈と徒党を組み、

日米勢力に襲いかかったのがJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事の顛末です。

Posted by 自衛隊官僚の中ソイランへの寝返り裏切り at 2012年08月16日 17:50

(2012/08/16 18:19)

御座山南側斜面には、大規模な西洋墓地風の造成地がございます。

(以 上)
  1. 2012/08/22(水) 23:14:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。