日本の今通信

日本世界をトランスフォームする情報ブログです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ヴィッパサナー瞑想法』と考えない力について(日本の今通信100/最終回)

関係各位

[日本の今通信]
http://shingoaikami.blog9.fc2.com/

読者の皆様 この度 突然で在りますが、第100回を機に 此のブログを辞めることに致しました。読者の皆様もよくお分かりの通り、此のブログの内容がトンでも内容で在るだけに 周囲の方の無視蔑視も覚悟の上で 或る意味では 命を懸けて 掲載して参りました。

しかしながら、日本世界の現況と身近な方々の様子を鑑みますと 結局のところは 私も含めて 個人個人の価値観や人生観が本質的に転換しない限りは"日本世界の現況は変えようが無い !"と私なりに結論が出たからです。

もう取り返しのつかない日本列島の高放射能汚染や不治の病で"死"を覚った時に初めて"自然や命"の絶対的尊さに気付いて生き方を根本的に改める方もいるでしょうし、"毒食わば皿まで !!"の如く地獄の底へまっしぐらの方々もいるでしょう。

いずれにしても 本人の《生き方》次第なのです。そして 其の生き方は、其の人の《考え方》次第なのです。

また《総ての思考》は、過去の経験や刷り込み そして情報に無意識の内に過分に 影響を受けています。実は、私たちは『思考のロボット』で在るのが実態なのです。

覚った人々(仏陀)から観れば、私たちは毎日を《思考/エゴ》に完全に縛られコントロールされて生きている"奴隷"そのものに映ります。私たちは《思考/エゴ》を離れない限り 絶対的安らぎも 幸せも 自由も ないのです。飽くなき"欲望と苦悩"が在るだけです。

それ故に、ブッダは此の世《娑婆》を私たち人間の"執着の心"が創った《時々刻々と千変万化する四苦八苦の世界》として捉え 此の苦境から脱け出せる"具体的マニュアル"として『ヴィッパサナー瞑想法』を教え伝えていたのですが、残念ながら 日本ではその後《大乗仏教》が主流となり『ヴィッパサナー瞑想法』は《小乗仏教》の"一修行法"として捉えられて来たために、今日まで《葬式仏教/御祈願》に終始してしまっている"日本の僧侶"の方にも ましてや"在家"の方には 全くと言っていい程 知られていないものでした。

過去[日本の今通信34&80]

1) http://shingoaikami.blog9.fc2.com/?no=49

2) http://shingoaikami.blog9.fc2.com/?no=99


では『ヴィッパサナー瞑想法』

1) グリーンヒル瞑想研究所

http://www.satisati.jp/

2) 書籍[ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践]

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4393710576/ref=mem_taf_books_a

3) 書籍[実践 ブッダの瞑想法―はじめてでもよく分かるヴィパッサナー瞑想入門 DVDブック]

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/439397042X/ref=mem_taf_books_a

4) 日本ヴィパッサナー協会

http://www.jp.dhamma.org/index.php?L=12

を御紹介して 自分も《一日瞑想会》に何度か参加しましたが、改めて 先日《グリーンヒル ヴィッパサナー10日間 瞑想会》に参加して参りました。

正に、人として『生きる術と生きる指針』が確実に理解出来たような気がします。指導して下さった《地橋秀雄》先生は、二十代の頃から 神道,大乗仏教を深く修養理解され また タイ,ビルマ,スリランカ,等のお寺へ行脚され 何人もの高僧の元で 長きに渡って修行され、大悟された方です。そんな地橋先生による瞑想会の間の毎日の"講話"も 更に かなりの時間を取った"個人面談"も 本当に素晴らしいものでした。

実際、此の歳(55才)まで父親に抱いていた"反感,嫌悪,怒り,憎しみ"等の《総てのマイナス感情》が、当に 私自身の思考,心の問題で在ったことがハッキリと直知され、父親に対して本当に心から申し訳なくなりました。そして 今日までの私の生き方が"怒りとエゴ"に支配された『修羅の道』で在ったことも理解出来ました。母,妻子,弟家族,友人,同僚,縁在る総ての方々には 只々申し訳なく また 感謝するしかない自分でした。心が楽になりました。

此から残された私の人生は また勿論 来世も《因果応報/自ら出したものは必ず返って来る !!》と云う"宇宙の大原則"によって 他者からの"怒りとエゴ"を確実に受けて行くものと成るでしょう。覚悟し只々これを受け入れる『忍辱/忍耐の修行』しかないようです。本当大変なことですが、実際 この世で"幸せ"になるためにも また"魂の成長"のためにも 此が一番《ベストの解決策》で在ることは間違い在りません。そして同時に、私にとって 世界を日本を良く出来る《最高の方法》だと確信しました。

原発放射能問題も大震災も外交問題も総て"我良し!"と云う《人間のエゴの心と思考》が創り出したものです。

結局は、私たち自身一人一人が変わるしか《総ての問題の解決》はないのです。

最後に『ヴィッパサナー瞑想法』や[日本の今通信34&80]の過去記事に深く関係した内容の記事がブログ [伊勢ー白山 道]に先日掲載されていましたので此処で御紹介しながら、心から感謝の気持ちを持って[日本の今通信]を終えたいと思います。

皆さん、本当にありがとうございました !!

(日本の今を考える会)
---------------------------------------------------

《考えない力/ブログ 伊勢ー白山 道 より転載》

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/fa7934ac1b33ccd0a5575957e2d21191

知人の話ですが、ご夫婦の寝る時間の違いと、イビキの問題で寝室が別でした。奥さんは、数年前から不眠ぎみであり、精神安定剤などの常用をされていました。
それがここ数ヶ月は、さらに不眠の状態が酷くなり苦しまれていました。もしやと旦那さんがひらめき、寝る部屋を変えれば良いのではないか?と思い、神棚のある部屋に奥さんの寝室を変えてから、奥さんは眠ることが出来るように成られたとのことです。

ちなみに奥さんは、霊や神の存在を一切否定する無神論者です。しかし、今になって言われるには、前の部屋で寝ようとしますと、絶えず誰かが話し掛けて来る気がして眠れなかったとも言われるそうです。でも、いまだに霊の存在を否定されます。

以前の奥さんの寝室は、家の鬼門だったということです。地球の地磁気の乱れにより、今までの占術の方位学は、完全に崩壊しています。
今は地球の地軸さえも、微妙な変化が始まっています。方位学がデタラメに成っていましても、北東の鬼門からの霊流は、いまだに生きています。
これには地球霊としての、国常立太神(くにとこたちおおかみ:鬼門金神)の神気の再起動が関係しています。

これは科学的には、太陽黒点の電磁波を受けて、地球内部からの活性化が始まっていると表現が出来ます。
とにかく家の鬼門への対応は、掃除が大切なのです。
鬼門で寝るしかない人は、30cm単位で寝床を動かし、霊道(れいどう:気の通り道)が外れるポイントを捜しましょう。
霊道が外れるだけで、ウソのように熟睡が出来るように成ります。理想は、北枕です。

この話のポイント1は、
ここ数ヶ月で悪化したことです。やはり霊的な時代に入ることが進んでいます。過去記事の神示では、
「草や木までもが、太古のようにペチャクチャと話し始める時が来る」と表現されていますが、「色んな存在の思い」を直接に自分の脳が傍受するように成ります。

問題は、どの周波数に自分を合わせるのか?ということなのです。
自分が心配ばかりしていれば、“似た内容”で心配が高じて自殺した死霊が引き寄りますし、
他人への愛情が深い人には、同様な愛情深い精霊が自然と寄ります。
他人の悪口ばかりを言う人は、同じような悪意の邪霊に憑衣されます。
この理屈を知っているだけで、自分なりに思考に注意すれば大丈夫です。

ポイント2は、神棚というヨリシロ(ただし、伊勢白山道式です)が在るだけでも違うものです。
「森羅万象2」には、私の神棚の模写が掲載されています。神棚の内部に「三種類の神気」の神札を祭り、屋根に神籬(ひもろぎ:神気がよる止まり木)としての麻ヒモ(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=B003KYVVF6&at=isehakusandou-22)を垂らしています。

古代祭祀におきましても、ヨリシロを使いこなす人が祭主でした。
今の有料先生は、ヨリシロ自体を知りませんし、ムダなナントカ祝詞や演技パフォーマンスしか知らないのです。ほんとうの神気が宿れませんので、欲深邪気に先生も関係者も感染しているのが実態です。
面会する悪徳な有料先生と縁を持つ人は、これから運気が増々落ちて行きます。悪質な有料先生の講演会や共同参拝は、汚染の坩堝(るつぼ)と成っています。

しかし、家庭の事情により、神棚や、縁ある先祖を供養する寄り代(短冊や位牌のこと)が置けない人は多いです。
このような方こそ、上記の物質的な「型」のサポートが得られない分、余計に普段の自分の思いが大切なのです。
心配や怒り、不満が自分の心を支配し始めれば、これを止めることが自分の人生を左右させることを知りましょう。
このことを知っているだけでも、今から変わります。

懸念するべき問題を一度「認識」すれば、後は「それを考えない」ことも大切です。無意識下(カンナガラ)に任せるのです。
ただし、自分の無意識下が正しく発動するためには、この言葉の気持ちを持ちながら、自分が「出来る努力をする」ことが最重要なのです。
生かして頂いて ありがとう御座位ます

(感想)
「考えない練習」・・・・もし悩みが有りますと、これほど難しいことは無いでしょう。
ただ、まったく考えないという意味では無くて、
JIS+2D21 それに関する、問題事項は認識して置くこと。
JIS+2D22 悩みがあるならば、それに対する自分が出来る努力を淡々とすること。

その上で、その悩みについて「もう考えない練習」は生きて来ます。
人間は悩むだけの状態で、2番が出来ない、しない場合は、ますます悩みが頭から離れないものです。
しかし、この状態は漏電状態であり、自分の生命力も落ちています。そうなりますと、悩み以外の別の問題も「来る」のが世のパターンなのです。
病気になったり、事故に遭ったりと、悩み以外の問題が生じるものです。
これは、同調した、引き寄せた、自分の思考に原因があります。

下手に悩まない、引きずらない思考の練習。これは生命力の漏電を防ぎ、現実的に悩みを改善させる霊的エナジーの原資と成り得ます。
スポーツの達人も、無思考でプレーをしているのが脳波で分かっています。
理屈や作戦を考える左脳ではなく、右脳が活発に起動しています。
つまり、練習不足・技量が未熟な間は、人間は考える脳に成っています。
しかし熟練しますと、思考が落ちて、考えなくても行動が自然(カンナガラ)と出るのです。
考える時点で、練習不足なのです。

これと同じことが、社会生活においても重要なカギなのです。
だから、自分で悩んでいると感じれば、
JIS+2D23 それ、について努力が不足している。
JIS+2D24 自分がするべきことを「していない」ので、自分の良心が許していない状態。
だと言えます。
悩む時点で、自分はまだまだ中途半端だと知りましょう。

ひらめきの天才数学者と評された、岡潔(おか きよし)を視ますと、数学とは
「考えずに、心の情緒・美しい旋律・思いやり」で解くんだと、私には伝わります。
要するに、考える間は、問題が解けないのです。
これは、私たちの人生にも言えるのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます。

ー転載終了ー
スポンサーサイト
  1. 2013/05/12(日) 19:59:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。