日本の今通信

日本世界をトランスフォームする情報ブログです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新型ワクチンに対する日本と世界の動向相違について(日本の今通信21)

関係各位
これまで[日本の今通信] http://shingoaikami.blog9.fc2.com/では新型インフルエンザワクチンの危険性を様々な情報を元に伝えて参りました。
朝日新聞(2010/01/13付)に拠れば、12日欧州会議(全47ケ国加盟)がWHO(世界保健機構)に対し新型ワクチン(H1N1の多国籍製薬大手)メーカーとの癒着によりパンデミックフルー(感染爆発)と云う、ことさら甚大な判断を下した疑惑の為に調査を開始しました。またロイター通信(2010/01/06付)に拠ると、此に先立つ4日フランス政府は新型ワクチン(H1N1)の多国籍製薬大手メーカーであるノバルティス(以下N)社,グラクソスミスクライン(以下G)社,バクスターインターナショナル社,サノフィアベンティス社への発注分9400万回分の過半数の5000万回分の発注を取り消しました。理由は欧州国民の大多数が接種を受けることに懐疑的であり2回の(無料)接種を1回にしても接種者数が大幅に低減している為です。そして7日にはドイツ政府も過半数に当たる5000万回分の英国G社への発注分(製造コスト4億1650万ユーロ/560億円相当)を取り消しました。
此は昨年来スペイン,スイス,イタリア,ポーランド等の各国政府に追従するものです。この結果、廃棄処分や他国への転売(昨年末バイオテロが発生したウクライナ及び発展途上国に向けて=>更なる悲劇の拡大か?!)が現在検討されています。また医療介護CBニュース(09/11/30-10/01/14付)を見ると、こうした背景の一環に昨年カナダでG社製ワクチン接種に拠って通常の10倍の頻度でアナフィラキシー(急性劇症全身アレルギー)ショックによる事故が発生したことにあります。
一方、日本政府(厚生省)は現地調査レポートで単なる特定ロッド(7A)の問題として片付け、免疫増強剤アジュバンド(特許名MF-59構成物スクワリン)や抗原の危険性については何ら問題にせず3700万回分のG社輸入契約を締結したままにしています。更に日本政府は新型インフルエンザ対策として成人換算で1億5300万回分(国産5400万回分+輸入9900万回分)を取り決めています。また去る09/11/30には自民党が欠席する中、参院本会議で[新型ワクチン救済法]が可決成立しています。この法案は新型ワクチン接種に拠る薬害事故の救済を目的とするもので、輸入(アジュバンド製法)ワクチンに拠る薬害事故が発生した場合に海外メーカーに対し損害賠償請求はせず免責扱いとし日本政府が(私たちの血税で)補償することになっています。ここで皆様に是非知っておいて頂きたい[重大な事実]が有ります。テレビ番組ではスポンサーは放送内容も左右する"絶対の神様"です。そして民放の報道番組として定評のある"報道ステーション"のスポンサーの一つが実は[ノバルティス(N)社]です。当番組内でN社はとてもヒューマニティを感じさせるコピーと共に自然一杯の素敵なコマーシャルを流しています。しかし、その前身が世界三大薬害事故の一つであるスモン病を引き起こした多国籍製薬大手(旧)チバガイギー社であることを絶対に忘れないで下さい。そしてN社製のものを含め輸入ワクチンが含有するアジュバンドMF-59(構成物スクワリン)の副作用は、免疫系を暴走させ湾岸戦争症候群の様な免疫性劇症関節炎を引き起こしたり、また長期潜伏期を伴ない立証の難しい不妊症の発症や最悪なケース、ワクチンへのマイクロチップの混入が事実とすれば当にイルミナティやフリーメーソンが計画しているとされるジェノサイド(大量虐殺に拠る民族浄化)そして人類粛清(ヒューマンクリアランス)が現実に起こり得る話なのです。最後に[前ミネソタ州知事による、ある医師のインタビュー] http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-105.htmlではスクワリン(アジュバンド)ワクチンの超危険な実態を暴露しています。更にサイト[Dr.井口和基の世界へようこそ] http://www.stannet.ne.jp/kazumoto/index.htmlのExblogの中の{ワクチンコンスピラシー/バイオコンスピラシー}と云うカテゴリーにある様々な記事で更なるN社のそして世界的な製薬業界の謀略を伝えています。
本件、皆様一人一人の真摯な判断そして行動力に当に掛かっている今日明日だと思います。そして可能であれば皆様のご判断でこの情報を他の方々にも伝えて頂ければ幸いであります。
宜しくお願い致します!!

(日本の今を考える会)
スポンサーサイト
  1. 2010/02/13(土) 20:40:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フリーメーソンによる日米傀儡国家について(日本の今通信22) | ホーム | 因果応報と地球の命運について(日本の今通信20)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shingoaikami.blog9.fc2.com/tb.php/28-8b2198a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。