日本の今通信

日本世界をトランスフォームする情報ブログです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マインドに囚われた人々の運命は?! (日本の今通信34)

関係各位
最近のニュースを見られている皆さんのお気持ちは如何なものでしょうか。またこうして[日本の今通信] http://shingoaikami.blog9.fc2.com/を受け取られた時はどんなお気持ちになるのでしょうか?
例えそれがとても悪いにしろ或いは良いにしろ、此が[あなたの魂の現実の姿]なのです。
もう十分理解されていると思いますが今までの様に過去の行い&想いに蓋をして全く無視して沈黙していたり、外に文句,自らに愚痴を言っていても何にもなりません。むしろ自分で創った[マインドの檻]がより強固になり自分の気持ちも現実もより厳しい状態になってゆくだけの事です。
そして行く末は...
嘗て私はアカシックと常時繋がり宇宙意識と正に一体に成った大悟された正覚者に出逢い、話を伺いました。
その時、彼は地球と人類の当に近い将来の在り様を明らかにしてくれました。
やはり北京オリンピックを機に世界は経済,政治,自然,総て崩壊して行き、無秩序となり一旦は混沌(カオス)迄になってしまうそうです。その過程で世界中が狂人,自殺者,犯罪者等々で巷は溢れる様です。
しかしその時期についてはっきりと教えて下さらず分かりませんが、多分一つの小惑星が月と地球の間を通り過ぎ月&地球間のレイラインを断ち切る時がそんなピークの一つでしょうか?!
また此が2012年末なのかは断定出来ませんが、2012年末が人類一人一人にとって[魂の到達点]となる事だけは確かな様です。
そして最後の瞬間、マインドに囚われて生きている大多数の人類はマインドが無くなると同時に一瞬にして肉体も消滅してしまうそうです。そして消滅した者は宇宙の素材(=>クォーク??)になってしまうとのことです。
また[ニコあり]をしっかりしていた者でも観察が至らず[悟れない=>自らの中に光明を観い出せない]限り、やはり一旦肉体を離れるそうです。しかし次の生は素晴らしい環境(カルマ)の下に生まれて来れるそうです。
そして、そうならない可能性のために私たちに残された僅かな時間私たちが出来うる事は、
(1)鏡を見ながら[ニコニコ微笑してありがとうございます]を最低3000回/日言う
(2)早寝早起き(22-3時の間は熟睡していること)
(3)毎日トイレ流し水周り玄関掃除
(4)自らの思い&言動の観察、即ち[ヴィパサナー観想]のことで、現在日本で此をしっかり指導出来る所はこの方以外では
a.京都に在るインド人ゴエンカ師の教室(授業料はお気持ち/お布施のみ)
b.グリーンヒル瞑想研究所【http://www.satisati.jp/】
です。
今でも皆さんにマイナス(負)の思い感情を抱かせる様な情報発信は出来るだけ避け、明るい気づきの話題だけを提供したい私の気持ちは変わっておりませんが、こうした厳しい内容のインフォメーションをどうして皆さんに流すかと言うと、その大悟者の方から消滅させるには忍びない大切な人々がもし私にいてこんな話を分かってくれるなら上記条件(特に1,2,3 可能なら4も)をこれから毎日一年半の間続けられると大丈夫だよと教えて下さった事を思い出したからです。どうかお赦し下さい。
今生、縁在って知り合いこうして[日本の今通信]をお送りし、大きな気づきを得て下さっていると思われる皆さんをこのまま[虚空に消滅させる]のは私にはとても忍びないのです。私にとって皆さん一人一人が大切な命/宝物に思えるのです。
今の皆さんには私の話は頓でもない事に感じられてしまうと思いますが、しかし敢えてこうして{皆さんの迷惑を顧みず}お知らせした次第(今が最後の分岐点チャンス)です。
もし今後冒頭お話した様に時事刻々と世界が混沌となる中でも、此を受け入れ只生き滅することで何の迷い不安も無い,全々OKであれば、このメールは[大馬鹿者の坊主の戯言]として消去し綺麗サッパリ忘れ去って下さい。
しかしながら、こうして私と今生も縁在った皆さんには出来れば来世も存在していてもらえたらと一縷の望みを賭けてこうして再度連絡した私の気持ちもごどうか御理解下さい。
今後の皆さんの前向きな日々の精進努力と皆さんの内に存在する"真愛"にただ期待するばかりです。
残された最後のチャンスである2年3ケ月の期間をどうか有意義に過ごして下さい。もう怒りと哀しみの檻の中に沈んでいる時間的猶予は私たちには有りません!!

(日本の今を考える会)
スポンサーサイト
  1. 2010/10/10(日) 22:40:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木内鶴彦氏と日本世界の近未来像について(日本の今通信35) | ホーム | 神なる朋友からのメッセージ(日本の今通信33)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shingoaikami.blog9.fc2.com/tb.php/49-539382f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。